シンポジウム 「超高齢社会のなかで男性介護を考える」

 

 

-------------------------------------------------------------------------------
 大阪大学「ケアの臨床哲学」研究会主催
 シンポジウム 「超高齢社会のなかで男性介護を考える」
 日時:2016年3月5日(土)13:00~17:00
 会場:大阪大学中之島センター 講義室406(定員72名)
 大阪市北区中之島4-3-53 TEL.06-6444-2100 
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/
 ------------------------------------------------------------------------------
 シンポジウムの趣旨:親や妻など家族の介護を担う男性が130万人を越え、全介護者の3分の1を占めていると言われる。育児を担う男性を表す「イクメン」という語とともに、介護を担う男性を表す「ケアメン」なる語も使われるようになっている。なかには、仕事と介護の両立が難しくなり、介護離職に追い込まれるケースも少なくない。今でも日本の介護の3分の2は女性で担われているが、わざわざ「女性介護」と呼ぶことはないのに、「男性介護」という語が使われるには、それなりの背景がある。認知症、難病、寝たきりなどの家族の介護は、一昔前までは「長男の嫁」に押し付けられ、女性に委ねられることが多かった。しかし、かつて半数を占めていた「嫁」による介護は全体の1割に激減 し、そのかわり、夫や息子が担うケースが増えている。2009年には、「男性介護者と支援者の全国ネットワーク(男性介護ネットワーク)」が発足して、徐々に男性介護の問題が注目を集めて来ている。身体介助や排泄介助のほか、食事・洗濯・掃除などの家事も、男性の肩にのしかかってくる。ビジネスのように目標を設定して成果を追い求めることに慣れて来た男性が、自分の思い通りにならない人間を相手に介護をする。どんな問題を抱えることになっており、どんな支援ができるのか、皆さんと一緒に考えたいと思います。
 ------------------------------------------------------------------------------
 主催:大阪大学「ケアの臨床哲学」研究会 
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~cpshama/clph-care/clph-care.htm
 共催:
 患者のウェル・リビングを考える会(神戸) http://www.geocities.jp/well_living_cafe/
 〈ケア〉を考える会(京都/岡山) http://care-kyoto.jimdo.com/ http://okayama-care.jimdo.com/ 
 科研プロジェクト「定常型社会におけるケアとそのシステム」
 ------------------------------------------------------------------------------

 

 

20160305 シンポジウム「超高齢社会のなかで男性介護を考える」 ポスター.
Adobe Acrobat ドキュメント 548.9 KB