シンポジウム

 「いま、北欧ケアを考える」

20130316 シンポジウム「いま、北欧ケアを考える」ポスター.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 319.1 KB

シンポジウム「いま、北欧ケアを考える」
-----------------------------------------------------
日時:3月16日(土)10:30-17:30
会場:大阪大学中之島センター  講義室703(定員102 名)
-----------------------------------------------------
シンポジウムの主旨:
 社会保障と税制の問題、脱原発と自然エネルギーの問題に関心が寄せられているいま、福祉と環境保護で先進国と呼ばれてきた北欧の国々(スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、アイスランド)のケアについての考えから学ぶことは多いように思われる。これまでわが国でも、福祉関係者を中心に北欧の国々には長い間、関心が寄せられてきたものの、文化や政治制度の違いというところで立ち止まってしまったことも多い。いま一度、北欧ケアに特徴的なことは何か、それはどのような思想的基盤と哲学的背景をもっているのか、日本社会のなかでケアを再構築しようとするにあたって、それはどのような示唆を与えてくれるのか、深い所まで入り込んで皆さんとともに考えたいと思います。
-----------------------------------------------------
■参加費:無料
■お問い合わせ・参加申し込み……参加予約が必要です
はがき又はメール(下記アドレス宛)でお申し込みください
氏名、住所、メールアドレスを明記願います
定員になり次第締め切ります。
満席となりお断りする場合にのみ、連絡いたします。
近くに食堂がありませんので、お弁当をご用意ください。
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
大阪大学文学研究科 浜渦研究室内
 北欧ケア研究会 宛
E-mail :miyoshihama@yahoo.co.jp
-----------------------------------------------------
主催:北欧ケア研究会
   (科研共同研究プロジェクト「実地調査に基づく北欧ケアの理論的基礎と哲学的背景の研究」)
共催:「ケアの臨床哲学」研究会
   〈ケア〉を考える会
   患者のウェルリビングを考える会
-----------------------------------------------------
プログラム
-----------------------------------------------------
浜渦:開会の辞(10:30-10:45)

第1部 北欧ケアの実際
     ー現場の取り組みとケア専門職・市民の意識ー(10:50-12:20)
シンポジスト:前野竜太郎、山本大誠、竹内さをり、福井栄二郎
司会:備酒伸彦

昼食休憩(12:20-13:10)

第2部 北欧ケアの理論的基礎と哲学的背景
     ー自律、連帯、人間観をめぐってー(13:10-15:10)
シンポジスト:中河豊、中村剛、竹之内裕文
司会:浜渦辰二

第3部 北欧ケアの可能性
     ―日本社会におけるケアの再構築にむけて(15:15-16:45)
シンポジスト:浜渦辰二、高橋照子、備酒伸彦
司会:中河豊、竹之内裕文

総合討論(16:50-17:30)

-----------------------------------------------------