〈ケア〉を考える会(第95回)

20140413 第95回〈ケア〉を考える会.docx
Microsoftワード文書 26.5 KB

 

■京都・山科、琵琶湖疏水と毘沙門堂。
今回は、「書」を置いて、散策に出ました。
桜はこれが見納めよと言うがごとくの咲きようとその散りっぷり。
さらに、ミヤマツツジ、ドウダンツツジ、ヤマブキなどいろいろな花がいっせいに咲いています。山に目を移すと、新緑がまぶしい。
皆さんと手をつないで歩いていました(心の中で)。

■そして、散策の後は、いつものように(いえ、いつも以上に)美味しいものでお腹をいっぱいにしたのでした。