高齢者なんでも相談会・権利擁護講演会

20130203 チラシ-相談会・講演会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 757.3 KB
 

 

下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク:主催

第2回 高齢者なんでも相談会・講演会

 

. 目的

 高齢者及び高齢者を介護支援する人を対象に、高齢者の権利擁護に関わる相談に幅広く応じ、また、権利擁護に関する講演会を開くことで、高齢者の権利を擁護しその生活を守ることに寄与します。

 

. 日時

2013年2月3日(日)  1000~ 受付開始

10301130 講演会

10301600 高齢者なんでも相談会(1500 相談受付終了)

 

. 会場  

京都市下京区役所4階会議室(京都駅北口より西へ徒歩約5~6分・塩小路通と西洞院通の角)

 

. 講演会

 ・講師:荒牧 敦子 氏(認知症の人と家族の会 京都府支部代表)

 ・演題:「認知症を学び地域で支えよう」

(定員80人・先着順・参加費無料)。

本講演会は「認知症あんしんサポーター講座」を兼ねています。

参加者には、サポーターの証「オレンジリング」をお渡しします。

 

. 高齢者なんでも相談会……多種の専門職が相談員となり高齢者の権利擁護や生活に関わる相談に幅広く応じます。(相談内容に応じて、各3~4人の専門職が相談を受けます)

(相談者の個人情報は守られます)。

 ・相談会の原則:相談無料、予約無用、相談時間無制限、ワンストップ相談

 ・相談員:弁護士、司法書士、行政書士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、社会保険労務士、税理士、医師、歯科医師、看護師、保健師、薬剤師、障害相談員、ボランティア相談員、ほか専門職

 ・相談内容:高齢者の権利や生活などにかかわること。介護、介護保険、認知症、虐待、成年後見、財産管理、相続、遺言、税金、登記、契約、事故、借金、消費者被害、老年医療、胃ろう、ターミナルケア(在宅看取り)、歯科医療、摂食嚥下、薬で困ったこと、ボランティア、など

 

. 対象者及び対象人員 

 ・対象者:高齢者及び高齢者を介護支援する人 

・対象人員:講演会⇒80人、相談会⇒時間内なら何人でも (どちらも先着順)

 

7. 主催:下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク【下京区内地域包括支援センター、リーガルサポート京都支部、京都府行政書士会、ぱあとなあ京都、下京区社会福祉協議会、認知症の人と家族の会京都府支部、京都府社会保険労務士会、その他(オブザーバー団体・個人)】 

 

8. 後援:京都市、京都市長寿すこやかセンター・京都市成年後見支援センター、京都弁護士会、下京民生児童委員会、下京西部医師会、下京東部医師会、下京歯科医師会、下京南薬剤師会、ナースネット研究会、京都老人のターミナルケア研究会、〈ケア〉を考える会、近畿税理士会下京支部、京都ボランティア協会

 

. 「下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク」の概要

 「下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク」は、団体・個人の横のつながりを大切にしたゆるやかな集まりです。高齢者の権利を擁護し、その生活を守るために、無料相談会や講演会・研修会・学習会などを開催します。

 

10. 問い合わせなど……「下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク」事務局

 京都市島原地域包括支援センター(担当:林・後藤)

TEL075-351-4850FAX075-351-4820

  Emailm.hayashi@nozominosono.com

 

    この事業は、下京区「区民が主役のまちづくり」サポート事業補助金の交付を受けて実施します。

「下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク」が主催する高 齢者なんでも相談会と講演会。
認知症の人と家族の会の荒牧敦子さんの講演は満席状態。 約100人の参加者がありました。
また、なんでも相談会では、11箇所の相談ブースで35 組の相談を受けました。
弁護士、司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士、医師、歯科医師、看護師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、ケアマネジャーなど64名の相談員スタッフが対応しました。
多職種ネットワークの力は凄いです。

高齢者なんでも相談会・講演会後の懇親会。盛り上がりました。
高齢者なんでも相談会・講演会後の懇親会。盛り上がりました。